渋×渋をつなぐ小物セレクト
2015/09/28

今回は濃い色でシックに、落ち着いた印象を感じさせるコーディネートをご紹介します。
お着物はこげ茶の江戸小紋に同系色の博多織八寸名古屋帯、柄に渋色グリーンで模様が入っています。
これだけでも落ち着いた大人なコーディネートですが、ちょっと渋色が多いかなと感じる方も居られるかもしれません。

そこで今回の小物コーディネートのご提案です。

column_20150928

渋×渋をつなぐ小物セレクト

”落ち着いたシック”を目指すと全体的に沈んだ色ばかりになりがちになりませんか?
全部渋色でまとめるよりは、小物セレクトはトーンを上げてありがちな組み合わせを脱出してみましょう。濃~い色に合わせるのはクリーム色の縮緬(ちりめん)の帯揚げ”茶”→”クリーム”なら無理なく馴染みます。
帯締めもクリーム色ですがリバーシブルのアイテムで、ほんの少しブルーが見えるのがアクセントとなります。

全部を同じトーンで合わせがちなのをちょっとだけ立ち止まって考えてみる・・・
少し頭を使いますが”いつもの”を小物でちょっと変えてみてはいかがですか?